So-net無料ブログ作成
検索選択

豊田章男・トヨタ自動車社長 人がいいのはいいけれど… (産経新聞)

【戯言戯画】

 人がよさそう。大量リコール問題で米議会公聴会後、涙ぐむ姿に多くの人がそう思ったのでは。

 だいたい今回の問題は、自動車王国のメンツをつぶされた米国のイジメじゃないのか?。専用ジェットを乗り回し巨額な報酬が批判を浴びる彼(か)の地の企業トップと違い、現地法人の従業員と向き合う創業家の御曹司の姿勢は誠実さを感じさせた。幸い米国でのトヨタ車の販売台数も回復しつつあると聞く。

 ところでちょっと待てくれ。いまのトヨタにプリウス以外に魅力のある車はあるのか。80点主義の優等生的な車ばかりじゃあ、若い連中の車離れは加速し、老いぼれ走り屋はワクワクしない。

 昨年の社長就任直前、ドイツの24時間耐久レースでハンドルを握る姿はホント、まぶしかった。ヨタハチやハチロクのような、かつて車好きを夢中にさせた車を、この人なら世に出してくれると期待した。

 人がいいのはいいけれど、80点主義をはねのけて、車好きをうならすことができるかな。まぁいいか、アメリカ中国で売れるのはお買い得感のある優等生的な車。いままで以上にドンドン売りさばいてくれれば、ニッポンの景気も上向くさ。(太田浩信)

【関連:戯言戯画】
倉科カナ 等身大は流行らない?
倉本聰 昔の気持ち、思いだすのもいい
友近 「円満破局」で「くびれ」を磨け
田辺一鶴 ちょっと迷惑な仙人、求道者
高木美帆 まだ15歳、メダルは4年後に

短期間の補充捜査、手探りの立証に 明石歩道橋事故 (産経新聞)
大創産業に300万円賠償命令=無断編集のDVD販売−東京地裁(時事通信)
<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)
性的虐待、56%が1年以上…実父最多34%(読売新聞)
宮崎の1例目、口蹄疫確定=農家支援策も拡充−赤松農水相(時事通信)

<400系つばさ>初代ミニ新幹線車両がラストラン(毎日新聞)

 新幹線と在来線を直通する「ミニ新幹線」方式の初代車両、JR東日本の山形新幹線「400系」が18日、定期列車としての運行を終えた。運用開始から約18年での引退にちなみ、最終列車は新庄発の上り「さよなら400系つばさ18号」の名で運転。午前8時46分に山形・新庄駅を出発した列車は、午後0時48分、定刻通り終点・東京駅に到着し、「ありがとう」のボードを掲げたファンら大勢の人がホームで見守る中、首都圏とローカル路線を高速で結んだ先駆者としての役目にピリオドを打った。

 ミニ新幹線は山形(92年開業)、秋田(97年)の両新幹線で採用。400系「つばさ」は、全国初のミニ新幹線専用車両として山形−東京間にデビューし、グレーが基調の新鮮な外装で親しまれた。99年には新庄まで延長開業。新庄−福島間は線路幅を広げた在来線(奥羽線)上を最高時速130キロで、福島以南はフル規格の東北新幹線に乗り入れ、最高時速240キロで走った。99〜01年にかけて塗装などのリニューアル工事をしたが、新型のE3系2000番代車両への置き換えが進み、最後の1編成が定期列車ラストランを務めた。【毎日jp編集部】

「シカ肉食べないか」=逮捕の男、販売か−奈良県警(時事通信)
自衛隊に初の女性基地司令「積極的PR、親しんでもらう」(産経新聞)
小沢流「引き締めの儀式」 両親偲ぶ会に2500人(産経新聞)
<殺人>長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知県豊川市(毎日新聞)
人間健康学部の新キャンパス、開校式 関西大(産経新聞)

日航再建で16日に視察=衆院国交委、情報開示も要望(時事通信)

 会社更生手続き中の日本航空をめぐり、衆院国土交通委員会は15日、同社本社を16日午前に視察し、経営陣に再建状況を聞く方針を決めた。川内博史委員長(民主)らが日航の大西賢社長らと面談する。日航は更生手続きを通じ、9000億円の公的資金支援を受ける予定。これを踏まえ、国交委は経営状況についての情報をできる限り開示するよう、日航に要望する見通しだ。
 国交委は13日に日航再建について集中審議を開催。前原誠司国交相の指示で昨秋に再建策を検討した高木新二郎弁護士らから意見を聞いた。国交委は日航役員にも参考人出席を求めたが、日航側は更生手続き中であることを理由に出席を見送っていた。
 このため、国交委は日航を訪問し直接状況を聞くことにした。日航が検討中の路線撤退、人員削減の積み増しについても確認する意向だ。 

【関連ニュース
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故

<名寄市長選>ホテル・飲食業の加藤氏が初当選 北海道(毎日新聞)
ミクシィで同級生に「死ね」=容疑で農林中金職員逮捕−警視庁(時事通信)
「普天間、5月に決着する」日米首脳非公式会談(産経新聞)
飲酒運転し追突、神奈川県議逮捕(時事通信)
人工林を「自然」に戻せ 生態系復元へ 市民団体が学会設立(産経新聞)

強盗未遂容疑男が被害者演じる=軽犯罪法違反でも送検へ−警視庁(時事通信)

「罰則厳しい」と懸念表明=邦人死刑通告で中国首相に−菅副総理(時事通信)

住金物産製の布団に誤表示=「カシミヤ入り」実はウールだけ−消費者庁(時事通信)

 カシミヤ入りを強調して販売された布団が、実際には全くカシミヤを含まない商品だったとして、消費者庁は31日、製造元の住金物産(大阪)と、販売元のQVCジャパン(千葉)に、景品表示法違反(優良誤認)で措置命令を出した。
 消費者庁によると、問題があったのは「二層式掛布団カシミヤ&メリノウール」という商品。両社はテレビ通販番組でカシミヤ入りを宣伝し、インターネット上でも「カシミヤ80%」と表記していたが、実際にはすべてウール製だった。
 布団は住金物産が中国の工場に委託して製造。2008年1月から09年10月に約1600点が売られた。発売前の検査では表記通りだったが、再検査で発覚した。中国の製造者にだまされた格好で、両社とも気付いていなかったといい、購入者のほぼすべてに返金済みという。 

【関連ニュース
ブレーキ優先機能搭載を要請=フロアマット起因の暴走受け
輸入食品の検査を強化=中毒事件受け、情報一元化も
化粧品「NYX」で措置命令=原産国を誤表示
子供向けアクセサリーから鉛検出=誤飲注意、呼び掛けも
食品安全庁を設置へ=国民の安心重視

ブレーキ優先機能搭載を要請=フロアマット起因の暴走受け−消費者庁(時事通信)
知事あてに薬きょう郵送=朝鮮学校の扱いで批判文書も−兵庫(時事通信)
<年金記録回復委>脱退手当金巡り、救済認める基準(毎日新聞)
980人が黙祷 JR西の入社式(産経新聞)
東大が助教を処分 「記載ミス」と弁明(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。