So-net無料ブログ作成
検索選択

「記念碑的な作品作りたかった」 篠山紀信さんとモデルの計3人を書類送検(産経新聞)

 屋外でヌード写真を撮影したとして警視庁保安課は25日、公然わいせつの疑いで、写真家の篠山紀信さん(69)=東京都港区=と、モデルになった22歳と26歳のAV女優を書類送検した。

  [フォト]衝撃告白!篠山紀信“お願い”に原紗央莉「断れなかった」

 同課によると、篠山さんは「撮影場所は自分が決めた。屋外でのヌード撮影は違法であることは分かっていた。配慮が足りず、申し訳ない」と違法性の認識を認めた上で、「昨年が活動50年の節目にあたり、記念碑的な作品を作りたかった」と説明。女優らは「違法であることは分かっていたが、著名な写真家に撮影してもらえる機会だったので参加した」などと話しているという。

 同課によると、篠山さんらは平成20年8月16日午後8時半ごろから10月15日午後9時20分ごろまでの間、江東区有明の有明北橋上など計12カ所の屋外で、公然と女性の裸の写真を撮影した疑いが持たれている。

 昨年1月に発売された篠山さんの写真集「NO NUDE by KISHIN 1 20XX TOKYO」(朝日出版社)の撮影をめぐっては、20年9月7日に港区内での撮影を目撃した通行人から「裸で撮影をしている人がいる」との通報が東京湾岸署に寄せられていた。

 この際、篠山さんは「水着で撮影をしていた」と説明。「申し訳ない」という内容の始末書を提出したが、これ以降も屋外での撮影を続けたことから、同課は悪質と判断した。

 写真集の撮影は、計29カ所で行われていたが、同課は港区の青山霊園結婚式場、渋谷区の東急百貨店付近など、公然性の高い12カ所について立件した。

【関連記事】
原紗央莉「外で裸になるのは、おかしい…」
巨匠と人気AV女優の“ゲリラ撮影”がNGのワケ
公然わいせつ写真集、ネットで暴騰プレミア価格!
エンタメ? わいせつ? 写真評論家に聞く篠山紀信写真集の違法性
篠山紀信氏、撮影の様子も語ってた…公然わいせつ容疑、撮影方法に問題か

<雑記帳>マンボウ「国内最長寿」目指し 山口・下関(毎日新聞)
供述通り山中に遺体 死体遺棄容疑で出頭の男を逮捕 兵庫県警(産経新聞)
<火災>住宅が全焼し男性1人が死亡 宇都宮(毎日新聞)
名護市長選、きょう告示(産経新聞)
“3人で心中”の容疑者を嘱託殺人罪で起訴(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。